モータースポーツ団体が「Wi-Fi 6」をリアル会場に配備した“本当の目的”Wi-Fi 6時代のモータースポーツ観戦【後編】

観客にドライバーの映像や音声をリアルタイムで配信するために、モータースポーツ統括団体NASCARは「Wi-Fi 6」のネットワークやそれに関連するツールを導入した。その狙いはどこにあるのか。

2023年07月25日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | POS | 運用管理 | 無線LAN


 米国のモータースポーツ統括団体NASCAR(National Association for Stock Car Auto Racing)は、5つのカーレース場に無線LAN規格「Wi-Fi 6」のネットワークを導入した。

 NASCARはモバイル決済やデジタルチケット、非接触型POS(販売時点情報管理)システムなどのサービスを観客に提供している。観客はこれらのサービスを、カーレース場でWi-Fi 6の無線LANを介して利用できる。この無線LANは、音声と映像のストリーミングサービスも運用できるだけの帯域幅(通信路容量)を確保している。だが同団体がWi-Fi 6の無線LANを導入した目的は、それだけではない。

帯域幅だけじゃない「Wi-Fi 6」導入の狙い

 Wi-Fi 6による新たなネットワークを導入したことで「観客のレース体験が変わった」と、NASCARでバイスプレジデントを務めるジョン・マーティン氏は評価する。例えば観客は、座席に座ったまま売店に商品を注文できるようになった。

 NASCARはカーレース場に、Extreme Networksの無線LANツール「ExtremeCloud IQ」と、無線LANの利用状況から人流を分析できるツール「ExtremeAnalytics」を導入した。2つのツールを組み合わせることで、混雑時の観客誘導や、利用率の高いアプリケーションの可視化などが可能になるという。

 各カーレース場のITチームは、ExtremeCloud IQを使用することでリアルタイムにネットワークを監視できるため、Wi-Fiを利用する観客に堅牢(けんろう)なネットワークを提供できるようになった。「ネットワークを分析することで、NASCARは観客の体験を改善し、運用効率を高め、適切な意思決定を下せるようになる」と、Extreme Networksで最高執行責任者(COO)を務めるノーマン・ライス氏は説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...