仮想マシン(VM)とベアメタルを比較 「Kubernetes」に最適なのはどっち?「Kubernetes」インフラ比較 VMかベアメタルか【後編】

「Kubernetes」のインフラを選択する際は、コンテナの用途や規模を考慮する必要がある。Kubernetesインフラの主要な選択肢であるVMとベアメタルサーバを、複数の観点で比較する。

2022年12月20日 08時15分 公開
[Rob BastiaansenTechTarget]

 コンテナオーケストレーションツールの「Kubernetes」を使ってコンテナを運用する場合、インフラの主な選択肢として仮想マシン(VM)とベアメタルサーバ(物理サーバ)がある。それぞれの特性を踏まえた上で、VMとベアメタルサーバのどちらを選ぶべきかを考える。

VMとベアメタルを比較 どちらが最適か?

 初めてKubernetesを使うユーザー企業は、VMでKubernetesを運用するのが理にかなっている。VMを使用すると、Kubernetes専用のベアメタルサーバの購入が不要になる。VMのホストサーバに新しく追加したハードウェアは、そのホストサーバで稼働する全てのVMが使用できる。ベアメタルサーバの場合、基本的にはKubernetesやその管理下にあるコンテナだけをホストすることになる。

 Kubernetesは大規模データセンターを運用するGoogleの社内で誕生したコンテナオーケストレーションツールだ。一般的な企業は、Googleほど大規模にコンテナをデプロイ(利用可能な状態にすること)することはない。それでも大規模なアプリケーションを運用する場合は、それなりの数のコンテナをデプロイすることになる。

 数百個や数千個のコンテナをKubernetesで運用する場合には、ベアメタルサーバが最善の選択肢になる可能性が高い。ベアメタルサーバにはハイパーバイザーのライセンスコストに関する問題がない。複数のベアメタルサーバでコンテナアプリケーションを実行させることで、耐障害性を高めやすくなるメリットもある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...