仮想マシン(VM)で「Kubernetes」を運用する利点と注意点「Kubernetes」インフラ比較 VMかベアメタルか【中編】

「Kubernetes」のインフラにVMを利用することで、コンテナのインフラ管理を簡略化できる可能性がある。VMを利用してKubernetesを運用するときのメリットと課題を整理する。

2022年12月06日 08時15分 公開
[Rob BastiaansenTechTarget]

 コンテナオーケストレーションツールの「Kubernetes」のインフラとして、仮想マシン(VM)とベアメタルサーバ(物理サーバ)のどちらが適切なのか。その答えは、インフラの要件や、コンテナで稼働させるアプリケーションの種類によって異なる。本稿は、VMのメリットと課題を説明する。

ベアメタルではなく「VM」を選ぶメリットと課題

 KubernetesをVMで運用する明確なメリットは、インフラのデプロイ(利用可能にすること)の容易さにある。VMを利用する場合、ホストサーバにハイパーバイザーとVM管理ソフトウェアをインストールすることが必要だ。ただし一般的にハイパーバイザーの設定は難しくなく、大規模な更新の頻度も多くない。

 ハイパーバイザーによって、VMはホストサーバに依存せずに稼働する。ホストサーバにハードウェアを追加しても、VMの実行への影響は出にくい。VMは異なるホストサーバ間で容易に移行できる。この特性はVMの管理を簡略化し、ホストサーバのメンテナンス中も、コンテナを無停止で運用できるようにする。

 VMware製品のサーバ仮想化製品「vSphere」のユーザー企業の場合、VM管理をさらに簡略化するには、VMwareのコンテナアプリケーション管理ソフトウェア「vSphere with Tanzu」のライセンスを購入する選択肢がある。vSphere with Tanzuは、ハイパーバイザーの「ESXi」で、直接「ポッド」(Kubernetesにおけるコンテナ管理の最小単位)を実行できる。

 ホストサーバに障害が発生したときは、ハイパーバイザーは別のホストサーバで迅速かつ自動的にVMを再起動できる。ただし1つのハイパーバイザーで複数のVMを運用するときには注意が必要だ。ハイパーバイザーに障害が発生すると、単一のアプリケーションを稼働させるベアメタルサーバで障害が発生した場合よりも、多くのアプリケーションが影響を受け、深刻な事態を招く可能性がある。通常こうしたリスクは、関係のあるVM同士を異なるホストサーバで稼働させる「アンチアフィニティルール」を適用し、インフラを分散させることで克服できる。


 後編はKubernetesのインフラとして、VMとベアメタルサーバのどちらを選ぶべきかの指針を示す。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...