2022年12月19日 08時15分 公開
特集/連載

Intel「FakeCatcher」は本当にディープフェイクを撲滅する? Gartnerの見解はIntel「ディープフェイク」対抗策の真価【後編】

AI技術で生まれた偽の動画「ディープフェイク」をAI技術で特定するのが、Intelの「FakeCatcher」だ。専門家の中には、その実力を疑問視している人がいる。何が課題なのか。Gartnerのアナリストに聞く。

[Esther AjaoTechTarget]

 深層学習(ディープラーニング)技術を利用した偽(フェイク)の動画や音声「ディープフェイク」。2022年11月14日(米国時間)にIntelが発表した「FakeCatcher」は、こうしたディープフェイクの検出を狙ったツールだ。Intel肝いりのFakeCatcherは、本当に狙い通りの効果を発揮するのか。課題も含め、調査会社Gartnerのアナリスト、ダリン・ステュワート氏の見解を紹介する。

GartnerアナリストはFakeCatcherの“あれ”に疑問符

 FakeCatcherは顔の血流を分析して、動画の真偽を判定する。「これは賢明なアプローチだが、血流分析の精度はどのくらいあるかが疑問だ」とステュワート氏は語る。例えば顔の角度や動画の明るさによって分析結果が変わるなど「はっきりしないことがある」(同氏)。

 ステュワート氏によれば、FakeCatcherは地域の特性を問わず、全ての人に対して高精度の分析を実現するかどうかも疑問だ。「過去には、欧米人男性が中心になって開発されたため、欧米人男性以外は検出できない検出ツールもあった」と同氏は指摘する。

 Intelは米TechTargetの取材に対し、「FakeCatcherはさまざまな性別や人種のサンプルデータを基に分析しており、男女や肌の色による大きな違いはない」と説明した。Intelは実際のディープフェイクもFakeCatcherのテスト対象にし、高精度で偽の動画を特定できたという。

 消費者がFakeCatcherを受け入れるかどうかという問題もある。SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の運営企業は、ディープフェイクをはじめとする虚偽情報に対抗するための、本格的な対策に消極的だとステュワート氏は述べる。「消費者はFakeCatcherによる偽物判定そのものを偽情報だと捉える可能性がある」(同氏)という懸念もある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...