「ハードコアなTwitter」に残った従業員は“イーロン・マスク信奉者”なのか?マスク氏はTwitter従業員の心をつかめるか【前編】

Twitter社を買収し、レイオフを進めるイーロン・マスク氏に対して、人材マネジメントの専門家は苦言を呈する。「レイオフ後に残った従業員」の心理と、マスク氏のリーダーシップに関して、専門家はどう見るのか。

2022年12月20日 08時15分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

Twitter | CEO


 人材マネジメントの専門家が企業の人事担当者に対して、従業員に寄り添い、幸福度を高めるサポートをするように働き掛けるのは珍しいことではない。週4日勤務(週休3日制)といった新たな働き方の方針を検討する雇用主が出てきている中、波紋を呼んでいるのがTwitter社を買収したイーロン・マスク氏のアプローチだ。マスク氏はテレワークを廃止し、従業員の半分をレイオフ(一時的な整理解雇)の対象にする構えを示す。レイオフされずに残る従業員に対しては、長時間労働に同意するか、退職金を受け取って辞めるかの選択を求めている。

「Twitterに残る」と決めた従業員は“マスク信奉者”なのか

 「マスク氏は間違った方向に進んでいる」と人材マネジメントの専門家は指摘する。こうした施策を推し進める場合Twitter社は、従業員、特に障害者の雇用維持や採用、法的リスクなどに関する継続的な問題に直面する可能性がある。報道によるとマスク氏が買収する前の同社は7500人以上の従業員を抱えていた。

 米紙「Washington Post」によると、マスク氏は2022年11月16日(現地時間、以下同じ)に従業員に対して「従業員は極めて“ハードコア”になる必要がある」といった内容のメールを送った。これは長時間、猛烈に働くことを意味する。従業員は翌日の2022年11月17日までに「長時間猛烈に働くことに同意する」か「退職金を受け取って辞める」かを決めなければならなかった。

 「Twitter社の従業員は、企業への長期的な貢献意欲を持たないまま、この要請に同意してしまう可能性がある」。ケース・ウエスタン・リザーブ大学(Case Western Reserve University)のウェザーヘッド経営大学院(Weatherhead School of Management)で、組織行動学の教授を務めるメルビン・スミス氏はこう推測する。「他に仕事がない場合、従業員は『他に働き口が見つかるまで、取りあえず同意しておくことが得策だ』と考える可能性がある」とスミス氏は話す。

 マスク氏のマネジメントにおけるリーダーシップのスタイルと、マスク氏が所有する他企業での成功との間に相関関係を描くのは「間違いだ」とスミス氏は主張する。リーダーシップが事業を成功に導くこともあれば、リーダーシップに関係なく事業が成功することもある。


 後編は、「Twitter社に将来の展望が見いだせない」と語る専門家の意見を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...