2022年06月03日 05時00分 公開
特集/連載

Macユーザーが「VMware Fusion」を使う前に知っておきたい注意点「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第3回】

「VMware Fusion」は「Mac」の可能性を広げる一方、Macのスペックによっては快適に動作しない可能性がある。FusionをMacで動かすときの注意点とは。

[Vladan Seget,TechTarget]

関連キーワード

仮想マシン(VM) | Mac | VMware | Windows | Linux


 VMwareの「VMware Fusion」(以下、Fusion)は、AppleのOS「macOS」で仮想マシン(VM)を実行できるようにするハイパーバイザーだ。Fusionを利用することで、Appleのクライアントデバイス「Mac」でさまざまなOSが実行できるようになる。ただし注意点もある。

Fusionを使う前にMacユーザーが知っておくべき“あの問題”

 AppleのSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)「Apple M1 Chip」を搭載するMacは、Fusionで管理する2、3台のVMを同時に実行しても問題なく機能する。ただしMacのメインメモリとSSD(ソリッドステートドライブ)の容量は、すぐに足りなくなる恐れがある。

 メインメモリはVMの数に厳しい上限を課す。メインメモリをVMに過剰に割り当てると、Macはメインメモリ内のデータをSSDに移動させる。その結果、VMの実行速度は低下する。VMが稼働していないときは、そのVMを一時停止するか、中断することで、貴重なメインメモリを必要以上に浪費するのを避けられる。

 Macの機種によっては、ディスク容量が不足することがある。Appleはノート型デバイス「MacBook」向けに、SSDを増設できるようにしている。2、3台以上のVMを実行するのであれば、SSDの容量確保が必須になる。


 第4回は、VMwareのもう一つのハイパーバイザー「VMware Workstation Pro」の機能を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...