Macユーザーが「VMware Fusion」を使う前に知っておきたい注意点「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第3回】

「VMware Fusion」は「Mac」の可能性を広げる一方、Macのスペックによっては快適に動作しない可能性がある。FusionをMacで動かすときの注意点とは。

2022年06月03日 05時00分 公開
[Vladan SegetTechTarget]

関連キーワード

仮想マシン(VM) | Mac | VMware | Windows | Linux


 VMwareの「VMware Fusion」(以下、Fusion)は、AppleのOS「macOS」で仮想マシン(VM)を実行できるようにするハイパーバイザーだ。Fusionを利用することで、Appleのクライアントデバイス「Mac」でさまざまなOSが実行できるようになる。ただし注意点もある。

Fusionを使う前にMacユーザーが知っておくべき“あの問題”

 AppleのSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)「Apple M1 Chip」を搭載するMacは、Fusionで管理する2、3台のVMを同時に実行しても問題なく機能する。ただしMacのメインメモリとSSD(ソリッドステートドライブ)の容量は、すぐに足りなくなる恐れがある。

 メインメモリはVMの数に厳しい上限を課す。メインメモリをVMに過剰に割り当てると、Macはメインメモリ内のデータをSSDに移動させる。その結果、VMの実行速度は低下する。VMが稼働していないときは、そのVMを一時停止するか、中断することで、貴重なメインメモリを必要以上に浪費するのを避けられる。

 Macの機種によっては、ディスク容量が不足することがある。Appleはノート型デバイス「MacBook」向けに、SSDを増設できるようにしている。2、3台以上のVMを実行するのであれば、SSDの容量確保が必須になる。


 第4回は、VMwareのもう一つのハイパーバイザー「VMware Workstation Pro」の機能を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...