Azureの仮想マシンサービス「Azure VM」の料金はこうして決まる「Azure VM」の利用料金を抑えるには【前編】

「Microsoft Azure」の仮想マシンサービス「Azure VM」の利用料金は、複数の要素に左右される。Azure VMの利用料金を見積もる際の基本的な考え方を説明する。

2022年10月26日 10時00分 公開
[Chris TozziTechTarget]

 代表的なクラウドサービスである仮想マシン(VM)サービスには、各ベンダーが基本料金を設定している。契約するオプションや構成が変われば、最終的な料金は変わる。

 Microsoftはクラウドサービス群「Microsoft Azure」のVMサービス「Virtual Machines」(以下、Azure VM)に、さまざまな料金プランを用意している。利用状況に応じた割引もある。本連載は、Azure VMの各料金プランの長所と短所、最適な料金プランの選び方、コスト削減に役立つ割引オプションを説明する。

Azure VMの利用料金の基本的な考え方

 Azure VMの料金は、以下の3つの要素に基づいている。

要素1.選択するインスタンスタイプ

 MicrosoftはAzure VMのインスタンス(仮想サーバ)タイプを豊富に用意している。各インスタンスタイプは、CPU(中央処理装置)のコア数やCPUの種類、メモリの容量などが異なる。GPU(グラフィックス処理装置)を備えるインスタンスタイプもある。インスタンスタイプごとに利用料金が異なる。

要素2.インスタンスの運用時間

 基本的にインスタンスの利用料金は分単位で発生する。インスタンスの実行時間に基づく課金なので、インスタンスを構成しても実行しなければコストは発生しない。

要素3.選択する料金プランの種類

 Azure VMには複数の料金プランがある。インスタンスの1分当たりの料金は、選んだ料金プランに応じて変化する。

インスタンスの利用料金以外にかかるコスト

 Azure VMには、次の追加料金がかかることがある。

  • データ転送料金(エグレス料金)
    • データをAzure内の別のリージョン(地域データセンター群)や、Azure以外のインフラに移動する場合はデータ転送料金が発生する。
  • 永続ストレージ
    • VMに永続ストレージが必要な場合、Azureのディスクストレージサービス「Azure Managed Disks」を利用できる。Managed Disksの利用料金は、Azure VMとは独立して発生する。

 ユーザー企業はAzure VMの利用時に、これらの機能やサービスを必ず利用するとは限らない。ただしインスタンスの利用料金以外に、こうした追加コストが発生する可能性を考慮する必要がある。


 中編はAzure VMの料金プランのうち「従量課金制」(Pay as you go)と「Azure Reserved Virtual Machine Instances」(Azure Reserved VM Instances)を詳しく説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。