過去記事一覧 (2020 年)

5 月

/tt/news/2005/29/news12.jpg
必要だからこそ自動化技術に取り組む好機

コロナ禍で「AIをサプライチェーンに使う」企業が急増か?

新型コロナウイルス感染症の世界的流行に直面し、市場は混乱している。サプライチェーンの管理を安定させ、少しでも正確な予測を立てるためには人工知能(AI)技術が役に立つ可能性がある。それはなぜか。

/tt/news/2005/25/news08.jpg
IT部門の新型コロナウイルス対策

「社員宅の携帯電話の電波」も鍵 テレワークを素早く始める5つの戦略

トラブルを防ぎながら、全社的なテレワークにできる限り迅速に移行するにはどうすればいいのか。実行すべき5つの戦略を説明する。

/tt/news/2005/22/news09.jpg
テレワーク文化になじんでいないと難しいことも

「ERP」は出社せずに導入できるのか? 新型コロナの在宅勤務で課題に

パンデミックの影響で出張や対面打ち合わせが困難になったために、ERPシステムを導入中の企業は「いかにテレワークで導入作業を進めるか」を検討する必要に迫られている。そもそもテレワークでの導入は可能なのか。

/tt/news/2005/21/news03.jpg
パンデミックが招くサプライチェーンへの影響【後編】

新型コロナでサプライチェーンが混乱、影響を最小限に抑える方法とは?

新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけとして発生したサプライチェーンの混乱。それに対処するために企業ができることとは何か。

/tt/news/2005/21/news01.jpg
レジリエンス計画が必要な理由【後編】

重要なはずの「レジリエンス」はなぜ後回しにされるのか?

障害発生時の回復力「レジリエンス」は確かに重要だ。一方で具体的な取り組みに着手できている企業は多くはない。その背景には何があるのか。取り組みのハードルを下げる手段とは。

/tt/news/2005/15/news08.jpg
パンデミックが招くサプライチェーンへの影響【前編】

コロナ禍の“トイレットペーパーパニック”を「ブルウィップ効果」で説明する

新型コロナウイルス感染症の拡大によって世界各地で買いだめの問題が生じている。その結果、一部の商品の流通に「ブルウィップ効果」が生じる可能性があるという。どういうことなのか。

/tt/news/2005/18/news01.jpg
新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第3回】

間違った「UEM」製品を選ばないための見極めのヒント

「UEM」製品は多様なエンドポイントを一元管理できるが、全て同レベルで管理できる機能を持った製品はない。導入後に「機能が多過ぎる」「機能が足りない」と後悔しないために、見極めるべきポイントは。

4 月

/tt/news/2004/29/news02.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)

プログラミング学習の壁からWeb会議の選び方まで 新規会員が気になった話題は

「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2004/24/news04.jpg
Citrixのテレワーク事例【後編】

新型コロナウイルス対策の在宅勤務でCitrixが技術より「人」を重視する理由

Citrix Systemsは新型コロナウイルス感染症の対策として中国全土の従業員をテレワーク体制に移行させた。同社は2カ月以上にわたる経験から、問題解決には「技術よりも人が重要だ」と考えている。それはなぜか。

/tt/news/2004/23/news07.jpg
「レジリエンス」が必要な理由【前編】

「レジリエンス」とは何か? なぜ必要か? 事業継続計画(BCP)を補完

ビジネスの継続性を維持するためには「レジリエンス」が重要だ。ベンダー各社が注目する理由とは何か。レジリエンスの市場動向を整理する。

/tt/news/2004/17/news03.jpg
Citrixのテレワーク事例【前編】

中国全土の従業員をテレワークに移行させたCitrix、実現のために何をしたのか?

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっていた2020年1月ごろの中国は、折しも新年の休暇期間だった。Citrix Systemsは中国全土に散った従業員に連絡を取りテレワーク体制に移行。同社がしたこととは。

/tt/news/2004/11/news01.jpg
テレワークニュースフラッシュ

「在宅勤務の方が効率が上がる」企業と、テレワークだと困る企業の違いは?

新型コロナウイルス対策としてテレワークを推奨する動きが企業の間で広がっている。それに伴い、ベンダーや業界団体がテレワークを支援する取り組みを活発化させている。主要な取り組みを紹介する。

/tt/news/2003/31/news03.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

Excelツールの引き継ぎ資料を誰も作らない理由を「ゲーム理論」で考える

「Microsoft Excel」の自作ツールに不具合が生じてから「引き継ぎ資料がない」「製作者もいない」と気付くケースは珍しくありません。ほとんどの人が引き継ぎ資料を作りたがらないからです。なぜなのでしょうか。

/tt/news/2004/09/news02.jpg
各プロセスの連携は必須

いまさら聞けない「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」の違いとは?

「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」は何が違うのか。セキュリティ対策と予算計画の適切な意思決定をするために、これらの違いを理解しよう。

/tt/news/2004/07/news01.jpg
中核データベースでSaaSを連携

東京工科大学が「Azure」活用のフルクラウド化でかなえた“ゼロ情シス”とは?

東京工科大学は2015年にオンプレミスのサーバを撤廃し、「Microsoft Azure」や各種SaaSを利用してほぼ全ての業務システムをクラウド化した。クラウド移行で得た成果とは。

/tt/news/2004/06/news03.jpg
まずは各省庁の関連情報を確認

新型コロナウイルスのパンデミック対策で「BCP」を改善する3つのステップ

新型コロナウイルス感染症や季節性インフルエンザなどのパンデミックに対処する上で、「BCP」が果たす役割は大きい。企業のBCPを十分な状態に整えるにはどうすべきか。

/tt/news/2003/30/news03.jpg
新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第2回】

統合エンドポイント管理(UEM)10製品の「得意・不得意」な機能

「モバイルデバイス管理」(MDM)製品と「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)製品のどちらから発展したのか。この視点で「統合エンドポイント管理」(UEM)製品を評価すると、各製品の強みや弱みが見える。

3 月

/tt/news/2003/23/news05.jpg
人間とAIごとに得意なサービスのすみ分け

多過ぎる予約電話に苦慮する美容院が語る、AIアシスタント導入で何が変わったか

ある美容院は、受付スタッフが応対し切れなかった電話問い合わせ件数が1カ月当たり約560件に上っていた。電話応対のために人工知能(AI)アシスタントを導入したことで、どのような成果があったのか。

/tt/news/2003/17/news06.jpg
「Wi-Fi 6」って何だ?【中編】

「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いを説明できる“5つ”のポイント

「Wi-Fi 6」は「Wi-Fi 5」とは異なるさまざまな特徴がある。両者のおおよその違いを知るには、5つのポイントを理解すればよい。それは何なのか。

/tt/news/2003/16/news07.jpg
コンテンツ管理の基礎知識

いまさら聞けない「コンテンツ管理製品」とは? 4大“常識”製品を紹介

「コンテンツ管理」システムは単なるドキュメント管理から、コラボレーションまで機能を広げている。もはや「常識」とも言える4種類のコンテンツ管理システムの役割をおさらいする。

/tt/news/2003/14/news02.jpg
Gartnerのアナリストも“予想外”

Office 365ユーザーがG Suiteを併用する理由 なぜ似たサービスを使うのか?

セキュリティ企業Oktaの調査から、オフィススイートサービス「Office 365」と「G Suite」を併用する企業が相当数あることが分かった。似たようなサービスであるにもかかわらず、なぜ併用する必要があるのか。

2 月

/tt/news/2002/12/news01.jpg
マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題

コラボレーションツールに期待が集まっても、意外と普及しないのはなぜ?

「Slack」や「Microsoft Teams」のようなコラボレーションツールは、組織の活性化に貢献する手段として期待が高まっています。しかし導入しようとするとスムーズにいかない場合も。普及が進まない理由とは。

/tt/news/2002/20/news01.jpg
小売業で「5G」は必要か【後編】

「5G」のメリットを小売業がすぐには受けられない理由

「5G」を導入する際は、効果が最大限期待できそうな業務を絞り込まなければ、投資が無駄になってしまう。小売業で効果が期待できそうな業務とは。

/tt/news/2002/12/news07.jpg
小売業で「5G」は必要か【前編】

「5G」よりも「Wi-Fi 6」を好む小売業者 両者の決定的な違いは?

次世代無線ネットワーク規格「5G」。そのメリットを最大限活用できるかどうかは業種によって異なる。小売業者の場合、5Gに対する見方は少々辛口だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2002/08/news01.jpg
快適さと失業リスクは表裏一体?

「AI」「自動化」に9割の若者が歓喜し、6割の若者が恐怖する理由

1990年代以降に生まれた「ジェネレーションZ」世代にとって、人工知能(AI)技術と自動化技術は仕事を助ける手段だが、不安の声もある。それはなぜなのか。

/tt/news/2002/04/news04.jpg
「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【後編】

プロセスオートメーション用語「DPA」の本当の意味は? 新用語「IPA」とは

プロセスオートメーション分野の製品分野は多種多様だが、違いはほとんどないと見る専門家もいる。一方で機械学習などの新たなテクノロジーを組み合わせて、より高度な処理を実現する新しい製品分野も登場している。

/tt/news/2002/01/news01.jpg
かなりの確率で混同?

いまさら聞けない「無線LAN」「Wi-Fi」の違いとは? 混同してはいけない理由

「無線LAN」と「Wi-Fi」は同じ意味で使われることがよくあるが、この2つの用語は決して同じ意味ではない。両者を混同している人が多いからか、その違いはあまり知られていない。

1 月

/tt/news/2001/29/news02.jpg
「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【前編】

いまさら聞けない「RPA」「DPA」「BPA」の違い 何を自動化するのか?

「RPA」「DPA」「BPA」など、プロセスオートメーション分野のテクノロジーを指す用語が多様化している。それぞれどのように異なるのだろうか。

/tt/news/2001/10/news04.jpg
食品産業とブロックチェーン【後編】

「ブロックチェーン」を食品のトレーサビリティ確保に使うのは是か非か?

ブロックチェーンの信頼性はフードトレーサビリティの確保に役立つ。ただし新技術にありがちな課題から、ブロックチェーンの可能性に懐疑的な視線を向ける専門家もいる。