Loading
2009年09月30日 00時00分 UPDATE
PR

統合型ストレージ「IBM System Storage Nシリーズ」乱立するファイルサーバを統合型ストレージですっきり整理

乱立するWindowsファイルサーバとそれに伴う非効率なストレージ環境をどう整理するのか。急増する情報資産の管理に悩む中堅企業にとって、この課題は先送りのできないものとなっている。

[TechTargetジャパン]

 企業の業務を支えるシステム環境では、Windowsファイルサーバの乱立が大きな問題となっている。Windowsファイルサーバとして購入されるものの多くは安価なIAサーバで、それにひも付くストレージは接続そのものが簡単なので、あっという間にシステム全体が複雑化してしまう。この管理を放置していると、各ファイルサーバに同じファイルが世代管理もされないまま保管され、迅速な情報共有が困難になるばかりか、情報漏えいのリスクも増大する。特に、このような環境にさらされているのは、専任の管理者が不在の中堅企業に多いのが実情のようだ。

 この課題を解決するためには、統合ストレージ製品の導入が効果的である。ファイルサーバとして利用できる統合ストレージ製品で、乱立状態を解消し、情報資産の安全性を確保する。さらには次世代のITインフラを構築するための基盤作りにつなげていく。そんな手法が、人手と予算が限られる中堅企業にも十分に取り組める試みとして注目されている。

 だが、ストレージ統合ができるならどんな製品でもよいわけではない。IBMの新世代NAS「IBM System Storage Nシリーズ」なら、システム管理者が常に悩まされるファイルサーバとストレージ管理の3つの問題を解消してくれる。では、その3つの問題とは何か……。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に収集される
  • 「日本アイ・ビー・エム株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本アイ・ビー・エム株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部