2010年02月04日 17時00分 UPDATE
PR

イーサネットスイッチ「Arista7100」シリーズクラウド環境に最適な10GbEスイッチの条件とは?

データセンターのクラウド化が進む中、イーサネットスイッチはデータセンターサービスのボトルネックとなる危険性がある。そこで注目されているのが、クラウド環境に最適化されたイーサネットスイッチだ。

[TechTargetジャパン]

 仮想化技術の活用が進むデータセンターでは、業務をオンデマンドで利用する柔軟性の向上やビジネス環境の変化に即応できる迅速なシステム導入を目的に、プライベートクラウド化あるいはインターナルクラウド化などと呼ばれる動きが始まりつつある。

 だが、こうした環境変化によって、物理サーバにはかつてないほど多くの仮想マシンとアプリケーションが混在し、ユーザーからのネットワークアクセスが急増することで、それを支えるインフラにはより厳しい要求が課せられるようになった。そのボトルネック要因の1つが、イーサネットスイッチだ。さらなる高速化への対応と、データセンターおよびクラウドの高密度環境で要求される低遅延、広帯域、高拡張性、耐障害性というニーズを低コストで実現するソリューションが必要とされている。

 そんな中、新興の10ギガビットイーサネット(GbE)スイッチベンダーである米アリスタ・ネットワークスの日本上陸が話題となっている。クラウド環境に特化した設計方針や独自技術のユニークさのほか、経営陣の興味深い経歴にも注目が集まっている。

提供:東京エレクトロン デバイス株式会社

提供:東京エレクトロン デバイス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部