Loading
2010年11月16日 00時00分 UPDATE
PR

富士ソフトケーシーエス:Google Appsソリューション高い利便性とセキュリティを両立する「Google Apps」活用方法とは

「いつでも、どこでも利用できる」がクラウドの利点の1つ。ただし、一般的にはセキュリティとの共存は難しいと思われている。今回はセキュリティ対策をしながら、高い利便性を実現する方法を紹介する。

[ITmedia]

 Googleが提供するGoogle Appsの企業向けサービス「Google Apps Premier Edition」が定着しつつある。電子メールサービス「Gmail」をはじめとして、ドキュメントやスプレッドシート、さらにはカレンダーなどのアプリケーション機能を、オンライン上で利用できる。また、99.9%の稼働率保証や25Gバイトのメールボックス容量など、ビジネス用途にも耐えられるだけの機能と可用性が備わっている。ネットワークにつながる環境さえあれば、いつでもどこでも利用可能な点が支持されている。

 Google Apps Premier Editionの一番の魅力は何といっても、ユーザー間のコラボレーションが可能になる点だ。オンライン上の1つのファイルを複数のユーザーで同時に編集したり、チェックすることができ、電子メールに頼らない効率的な共同作業が可能になる。社外からも確認可能なカレンダー機能などもあり、ユーザーの生産性を向上させる。

 ただし、課題がないわけではない。Google Appsのメリットの1つが「いつでも、どこでも利用できる」点にあるが、企業での利用を考えた場合、どこからでも自由に社内データにアクセスできてしまうのは、モバイルPCなどからの情報漏えいのリスクがある。そこで現在、サードパーティーからGoogle Appsのリモートアクセスでの利用をさらにセキュアにするサービスが幾つか提供されている。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「富士ソフトケーシーエス株式会社」に収集される
  • 「富士ソフトケーシーエス株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「富士ソフトケーシーエス株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:富士ソフトケーシーエス株式会社

提供:富士ソフトケーシーエス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部