Loading
2011年02月28日 00時00分 UPDATE
PR

企業コラボレーションツール「TeamPage」メールとグループウェアの間にある効率的なコミュニケーションの姿

重要な情報がメールの山に埋もれてしまう。誰しも一度や二度はこのような経験をしているのではないだろうか。メールを中心とした業務に限界を感じている企業のために、情報共有の場として機能するツールを提案する。

[ITmedia]

 電子メールはビジネスにおけるコミュニケーション手段として、なくてはならない存在だ。しかしその便利さや手軽さ故に、多くの職場ではあらゆるコミュニケーションをメールに頼りきってしまった結果、高く積み上がったメールの山ができてしまった。この山を前にして、コミュニケーションが滞ってしまっている職場が増えている。

 そもそもメールは、「1対1」のコミュニケーションに適したツールである。しかし、ビジネスシーンでは多くの場合、チームやプロジェクトのメンバー同士で情報を共有しながら業務を進めていく必要がある。そのような「1対N」のコミュニケーションには、本来メールは向いていないのだ。

 「Ccやメーリングリストを使えば、メールでも情報共有できる」と考える方も多いだろう。しかし、毎日大量に送られてくる複数のメーリングリストの内容を全て把握できるだろうか? その内容をメーリングリストに入っていない人と効率的に共有できているだろうか? あるいは過去のメールの中に入っていた情報を素早く見つけ出し、効果的に再利用できているだろうか?

 このようなメールによるコミュニケーションの限界を補うすべは、多額のコストを投じた大規模グループウェアの導入だけではない。日々の業務をひも解いて考えると、メールとグループウェアの間に存在する、効率的なコミュニケーションのための「場」の必要性が見えてくる。

※この製品の販売、サポートは終了しています。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「株式会社アプライドナレッジ」に収集される
  • 「株式会社アプライドナレッジ」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社アプライドナレッジ」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:株式会社アプライドナレッジ

提供:株式会社アプライドナレッジ
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部