2011年05月09日 00時00分 UPDATE
PR

Microsoft Lyncで始める省電力対策とリスク分散「在宅勤務=Web会議」ではチームワークは生まれない

停電対応や消費電力削減、災害時のリスクマネジメントが早急に求められる今、企業はどのような思想で自社のワークスタイルを変革すべきか。

[ITmedia]

 東日本大震災の影響により、企業には消費電力の削減とともに、リスクマネジメントのさらなる高度化が強く求められている。そのために今、注目を集めつつあるのが在宅勤務をはじめとするワークスタイルの見直しである。

 社員が分散して働ける、場所を選ばない仕事環境を実現できれば、オフィス利用の時間短縮やスペース削減で省電力化を実現できる。加えて計画停電や新たな災害発生時にも、事業停止のリスクを最小限にすることが可能になる。ひいては、従来の会議に代表される、場所に縛られたコミュニケーションの無駄も削ぎ落とせ、ホワイトカラーの生産性向上や意思決定の迅速化も期待される。

 しかし、離れた場所でのコミュニケーションだからといって、単にビデオ会議やWeb会議システムを導入するだけでは、本質の解決に至ることができないことは既に明らかだ。「場所を選ばない仕事環境構築」という本来の目的を実現するために必要なものとは何かを、日本マイクロソフトに聞いた。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部