Loading
2011年05月09日 00時00分 UPDATE
PR

Microsoft Lyncで始める省電力対策とリスク分散「在宅勤務=Web会議」ではチームワークは生まれない

停電対応や消費電力削減、災害時のリスクマネジメントが早急に求められる今、企業はどのような思想で自社のワークスタイルを変革すべきか。

[ITmedia]

 東日本大震災の影響により、企業には消費電力の削減とともに、リスクマネジメントのさらなる高度化が強く求められている。そのために今、注目を集めつつあるのが在宅勤務をはじめとするワークスタイルの見直しである。

 社員が分散して働ける、場所を選ばない仕事環境を実現できれば、オフィス利用の時間短縮やスペース削減で省電力化を実現できる。加えて計画停電や新たな災害発生時にも、事業停止のリスクを最小限にすることが可能になる。ひいては、従来の会議に代表される、場所に縛られたコミュニケーションの無駄も削ぎ落とせ、ホワイトカラーの生産性向上や意思決定の迅速化も期待される。

 しかし、離れた場所でのコミュニケーションだからといって、単にビデオ会議やWeb会議システムを導入するだけでは、本質の解決に至ることができないことは既に明らかだ。「場所を選ばない仕事環境構築」という本来の目的を実現するために必要なものとは何かを、日本マイクロソフトに聞いた。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. マイクロソフトから電子メールによる案内を希望しますか?(必須)
Q6. マイクロソフトから郵送による案内を希望しますか?(必須)
Q7. マイクロソフトから電話による案内を希望しますか?(必須)
閲覧に際し、以下の個人情報の取り扱いに関してご確認ください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部