2012年06月26日 00時00分 UPDATE
PR

システム全体の包括的な情報漏えい対策で安全性の底上げを最先端の技術情報が競合の手に――どう守る? 狙われる製造業の機密情報

製造業におけるグローバル化の進展は、セキュリティ対策にも変化を促す。製造業を取り巻くセキュリティ脅威の現状と、具体的な対策を紹介する。

[ITmedia]

 製造業を取り巻く事業環境は急速に変化している。生産拠点のグローバル化や業務データのデジタル化などを背景に、開発中の図面データや設計情報を国内外の取引先や工場とネットワーク経由でやりとりするなど、ビジネスの規模拡大や効率化が進む。

 こうした環境変化は、製造業に事業拡大や成長の機会をもたらす一方で、セキュリティリスクも高める。システムも地域も異なる取引先が、自社と同レベルのポリシーとコンプライアンスを徹底できているかどうかを常時監視するのは難しい。セキュリティリスクは企業それぞれの事業形態や状況の組み合わせから生まれるため、全ての企業にとっての万能薬となる対策を取ることは困難である。

 事業成長とセキュリティ対策を高度なレベルで両立させるために、製造業が今なすべきこととは何か。製造業特有の課題を熟知した、専門知識に基づくセキュリティ体制の構築が急務だ。その具体策について詳しく見ていこう。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部