Loading
2012年08月07日 00時00分 UPDATE
PR

クラウド利用を低コストで安全にクラウドセキュリティ対策のコストを抑える方法とは?

クラウド利用に当たってセキュリティ対策は欠かせない。とはいえ、捻出できる費用には限りがある。そうした課題に直面する企業に最適な、コストと安全性を高レベルで両立させる手段を解説する。

[ITmedia]

 ITコスト削減策として、中堅・中小企業でもクラウドサービスのニーズが高まりを見せている。2011年3月の東日本大震災により、災害対策としてクラウドサービスに注目する企業も急増している。専任の担当者やIT予算の十分な確保が困難な中小企業にとって、クラウドはITの各種課題の解決に向けた確固たる地位を築いたといえる状況だ。

 クラウドサービスの利用が、今後さらに加速することに疑念を挟む余地はないだろう。ただし、クラウドの今後の普及においては、考慮すべき課題も少なからずある。その代表例がセキュリティだ。クラウドにあるデータの安全性を保つためには、信頼できるクラウドサービス事業者を選定するのはもちろん、足回りとなるネットワークの安全性確保も必須となる。

 安全・安心なクラウドサービスの活用には、ネットワークを中心とする適切なセキュリティ対策が必要だ。ただし、中堅・中小企業の多くにとって、安全性確保のためのコストを捻出するのは容易なことではない。コストを抑えつつ、有効なセキュリティ対策をどう実施するか。その具体的な解を説明しよう。

提供:NTTコミュニケーションズ株式会社

提供:NTTコミュニケーションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部