Loading
2013年01月31日 00時00分 UPDATE
PR

ハードウェアやネットワークとともに考えるデスクトップ仮想化環境で“信頼性+可用性”を実現する手法

仮想デスクトップ環境にはその仕組みから、高い信頼性と可用性を欠くことができない。では、その実現手法とは?

[ITmedia]

 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)環境には、高い信頼性と可用性が求められる。VDIは、PCのリソースをサーバ上に集約管理する仕組みによって、運用工数、ひいては運用コストの大幅削減というメリットが見込める技術だ。その半面、サーバやストレージ、ネットワークなどのトラブルに起因するシステム障害が生じると、多数のクライアントが利用不能になる。

 PCはもはや業務を進める上で必須のツールだ。VDI環境の整備に当たっては、いかなるときも安定稼働するとともに、万一、不具合が発生した場合でも影響を最小限に抑えられる仕組みを整える必要がある。

 本稿では、その実現に向けた効果的なアプローチを紹介する。ポイントは、豊富な導入実績を誇るVMwareの標準アーキテクチャに対応し、安定稼働や性能向上、さらに障害対応の迅速化のための独自機能も兼ね備えたハードウェアを採用していることだ。

提供:株式会社 日立製作所

提供:株式会社 日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部