Loading
2013年05月13日 10時00分 UPDATE
PR

複雑なシステムのパフォーマンスをどう堅持するかシステム更改後の改修コストをゼロに近づける、たった1つの方法とは?

ビジネスニーズを実現する上で、避けては通れないシステム更改。だが新しいシステムにリスクは付きもの。更改後も確実にパフォーマンスを担保するための秘策とは何か?

[ITmedia]

システム更改後のパフォーマンスをどう堅持するか?

 Webシステムの開発は企業にとって大きなチャンスだ。ニーズに応じてユニークなアイデアを迅速に反映しやすい上、収益の柱に育つ可能性を秘めている。しかしリスクも潜んでいる。もしWebシステムへの更改後にパフォーマンス問題が生じれば、収益どころか損失を生んでしまう危険性がある。手戻り修正のために多大なコスト、工数が発生するとともに自社の信頼を失うことにもなりかねない。

 一般に、システム開発プロジェクトには「1:10:100の法則」があるといわれる。これは設計段階で発覚した問題解決に掛かるコストが1とすると、開発段階では10倍に、リリース後では100倍になることを意味する。これを避けるためには、できるだけ早い段階で問題の芽をつむ他ない。

 だが、ここに1つのジレンマがある。新しいシステムを構築する場合、「いつ、誰に、どのようにアクセスされるか」など正確な予測が難しいことが多い点だ。「サイジングは十分か」「どれほどのアクセス集中に耐えられるのか」など事前に把握できないことばかりだ。にもかかわらず、開発者はシステムのパフォーマンス担保を求められる。一体どのようにして“これから作るシステム”のパフォーマンスを保証すればよいのだろうか?

提供:CA Technologies株式会社

提供:CA Technologies株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部