Loading
2014年09月16日 10時00分 UPDATE
PR

クラウド対応だけではない注目機能ユーザー自ら使いたくなる“理想のグループウェア”の条件とは?

多くの企業が導入しているグループウェアだが、社員が使いこなしているケースは意外に少ない。機能が足りなかったり、使いにくかったりなどが原因だ。ユーザーが自ら使いたくなるような理想のグループウェアを探る。

[ITmedia]
ik_tt_gw01.png

 チームでビジネスを推進する場合、グループウェアを上手に使いこなすことができれば、その効率や成果を大きく向上させることが可能となる。しかしながら、その効果を期待してグループウェアを導入したものの、社員に受け入れられず、スケジュールやWebメールなどのごく基本的な機能しか利用されていないというケースはよく見られる。

 その理由の1つは、グループウェアパッケージやサービスの機能が不足している点だ。本稿では、ユーザーが使いたいと思い、日本企業の商慣習に合わせた細かなカスタマイズが可能で、管理者に負担を掛けない“理想のグループウェア”の条件を紹介しよう。

提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社

提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部