2015年07月15日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

日本アイ・ビー・エム株式会社提供ebookクラウド成功への虎の巻【第2弾】:クラウドのサイロ化を防ぐIT部門と事業部門のつなぎ方

今、多くのIT部門のリーダーが危機感を抱いている。財務、マーケティング、人事といった各ビジネス部門とのコミュニケーションが常に混乱し、IT部門内部の調整さえも困難になってきているからだ。こうした状況を打破し、クラウド活用を成功させるための処方箋について考える。

[提供:日本アイ・ビー・エム株式会社]

 IT部門が“ビジネスを進化させる重要部門”と見なされるようになって久しい。各部門のITニーズを聞き取るだけの調整役にとどまるのではなく、綿密なコミュニケーションによって、ビジネスを進化させるITを積極的に導入する主体者であるという考え方だ。クラウドの利用が進むにつれ、こうした発想はより浸透していくはずである。

 しかし現実は、部門ごとにクラウドプラットフォームが構築され、IT部門内のオペレーションチームが各プラットフォームを運用管理するようになり、「クラウドのサイロ化」という状況が生まれてしまった。各部門のITニーズに応えるために、オペレーションチームの内部調整を日夜苦労しながら進めているのだ。

 本コンテンツは、クラウドプラットフォームのサイロ化を防ぎ、ITマネジャーが各ビジネス部門と最適化されたシステム基盤について話し合うための方法論を具体的に示したものだ。ハイブリッドクラウドを問題解決の処方箋とすることで、オペレーションチームが各部門の代弁者ではなく、「ビジネスを活性化させる主役」に変身するための手法を解説している。