2018年02月23日 10時00分 公開
PR

使えないSFAはもうこりごり……次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント

せっかく導入したSFAを使いこなせず早々にリプレースを検討する企業は決して少なくない。移行検討企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?

[ITmedia]

 営業部門の業務効率化や顧客情報の一元化のためにSFA(営業支援システム)を導入する企業は多い。キーマンズネット編集部が2016年5月に実施した「SFAの導入状況に関するアンケート調査」では、過去3年間でSFAの導入企業は倍増しているという結果も出ている。SaaS型SFAが登場したことが増加傾向に拍車を掛け、営業現場のニーズを直接反映させたSFAを、営業部門が自らの手で導入するケースが増えている。

 だが一方で、せっかく導入したSFAを使いこなせず、早々にリプレースを検討する企業も決して少なくない。意気揚々とSFAを導入した企業も、実際に運用を続けてみると、使い勝手やコストの面などから利用を継続できず、移行を検討している企業も少なからず存在しているのではないだろうか。

 そのような移行検討企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは? SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部