2018年09月10日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

HCI製品、最も売れているベンダーは? 市場調査で分かった「HCIの底力」

機能性や拡張性、使いやすさに後押しされ、企業はハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用しつつある。調査レポートの結果から、実際に導入してみてわかったHCIの魅力的な機能について説明する。

[ITmedia]

 データセンター機器やシステム購入担当者の間で、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の人気が高まっている。ストレージやシステム構築、仮想化を単一のシステム基盤で導入できるHCIのメリットは、IT担当者には魅力的に映るだろう。実際、TechTarget調査レポートによると、HCIを試す理由は「スピード」「シンプルさ」「コスト削減」が上位に挙がった。調査会社IDCのレポートからも、HCI市場が大きく躍進していることが読み取れる。

 本稿では、こうした市場調査結果を基に、

  • HCI導入企業が選んだHCIベンダーはどこだったのか
  • HCIの魅力的な機能とは
  • どのような用途でHCIを利用する予定か
  • データセンターインフラのどの程度をHCIに入れ替えたいと考えているか

などについて解説する。HCIにかけるユーザーの期待と、実際の満足度をうかがい知ることができるだろう。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日