2018年09月10日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

「HPE SimpliVity」の“秒速”を支えるテクノロジーを、いつでも学べるオンラインセミナー

次世代HCI「HPE SimpliVity」の特徴の1つである「秒速バックアップ&リストア」。驚異的な処理スピードと、CPU/メモリリソース利用の効率化を支えるテクノロジーをもっと詳しく知りたい方のために、いつでもどこでも学べるオンラインセミナーがある。

[ITmedia]

 「HPE SimpliVity 380」には、次のような5つの特徴がある。

  • アーキテクチャも使い勝手もシンプル
  • データ効率化を意識したハイパーコンバージドインフラ(HCI)であること
  • 超高速のデータ保護
  • 管理性
  • 可用性

 これらのビジネスに不可欠な機能を支えているのはどのようなテクノロジーだろうか。例えばデータ効率や、超高速のバックアップ&リストアを支えているのは、ストレージ処理専用のチップや、大容量DRAMのインメモリテクノロジー、「重複排除」「圧縮」を前提としたアーキテクチャといったテクノロジーだ。

 HPE SimpliVity 380が“秒速”とうたわれているのには、れっきとした根拠がある。初めてHPE SimpliVity 380を知ったという人でも、これらの驚異的なテクノロジーを詳細に、かつ「ネコでも分かる」ほどの分かりやすさで学べるオンラインセミナーを用意している。必要な時にいつでも、どこからでもアクセスしてみてほしい。

動画をチェックする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日