2018年09月10日 00時00分 公開
カスタムナーチャリング

コンポーザブルインフラが、アイデアエコノミー時代を勝ち抜く武器になる理由

アイデアエコノミー時代を勝ち抜くには、競合よりも早くアイデアをサービス化する迅速性が不可欠だ。そのために「コンポーザブルインフラ」へ移行することが重要だといえる10の理由を紹介する。

[ITmedia]

 競合よりも早くアイデアを形にすることがビジネスの成功につながる昨今、IT部門は従来環境における運用コストを削減しつつも、新しいアプリケーションの開発を迅速に進めることが求められている。

 そのような時代にで「コンポーザブルインフラ」は心強い味方になる。コンポーザブルインフラを導入すれば、物理環境、仮想環境、コンテナ、クラウドなどさまざまなワークロードや技術を自由に組み合わせられるだけでなく、それを統合管理し、パフォーマンスやセキュリティ、拡張性やコストなどのバランスを取ることができる。コンポーザブルインフラは、長年のビジネスで得たデータ資産を蓄えている従来型のIT環境と、最新のIT環境を統合し、二者のギャップを埋める役割を果たすのだ。

 本稿では、これからのビジネスのためにコンポーザブルインフラへの移行が重要だといえる10の理由とともに、その魅力を余すことなくお伝えしよう。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日