2018年09月21日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

徹底比較:「Cisco UCS」 vs. 「HPE Synergy」、コンポーザブルインフラの強みは?

コンポーザブルインフラ「HPE Synergy」は、あらゆる環境や技術を自由に組み合わせて統合管理できる点が強みだ。ブレードサーバ市場で高い人気を誇る「Cisco UCS」と徹底的に比較し、その特性や利点を検証する。

[ITmedia]

 アイデアエコノミーにおける成功の秘訣は、競合に先駆けて新しいアイデアを出し、一刻も早く形にして市場に出すことだろう。それに対応できる柔軟なITシステムの導入は必須といえるが、クラウド移行などが難しい従来型のアプリケーションもなおざりにはできない。

 コンポーザブルインフラである「HPE Synergy」は、物理環境、仮想環境、コンテナ、クラウドなどさまざまなワークロード環境や技術を自由に組み合わせられるだけでなく、それを統合管理し、1つのインタフェースであらゆるワークロードを実行できる。従来型アプリケーションと新たなアプリケーションの運用や開発を1つのインフラに統合できるのだ。

 本稿では、ブレードサーバ市場で高い人気を誇る「Cisco UCS」とHPE Synergyを徹底的に比較。2製品の特性や機能の違いを表にまとめた。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日