2018年09月21日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

急拡大するハイパーコンバージド、各社製品の機能と特徴は?

コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムは、IT 環境をシンプルにしてパフォーマンスを向上させる効果が期待できる。本稿では自社のデータセンターにハイパーコンバージドインフラが適切かどうか判断する方法を紹介する。

[ITmedia]

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)とは何か。ごく簡単に説明するならば、さまざまなテクノロジーのプラットフォームを1つの最適化したシステムにまとめたものだ。高いレベルのパフォーマンスが得られる点は、特筆すべきメリットの1つだろう。しかし、それは企業にとって何を意味するのだろうか。そして、HCIはいつ導入すべき製品なのだろうか。

 本稿では、HCIが市場で流行するまでの歴史を振り返りながら、各社HCIの特徴と機能のメリット、そして技術的限界について解説する。技術特性に基づく長所と短所を確認することは、HCIが自社のIT環境にフィットするかどうかを見極める助けになるだろう。

 HCIに移行すべき最適なタイミングを見極めるのは難しい。その判断を下すための要素は企業によって異なるからだ。しかし、どんな組織にとってもこのタイミングならば適切だといえる指標はある。本稿では、この重要な2つの指標についても解説する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日