2018年10月05日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

今さら聞けない「ハイブリッドIT」徹底解説 クラウドとオンプレの誤解を解く

「ハイブリッドIT」は、クラウドに移行すべきか、従来型のIT環境を維持すべきか、という二元論ではない、新しい折衷案だ。既成概念にとらわれず、ビジネスに必要なテクノロジーのいいとこ取りをするためのヒントを徹底解説する。

[ITmedia]

 “クラウド移行”に関する話題を見ない日がないほど、企業のクラウド活用は一般的になりつつある。だからといって、いま目の前で稼働する既存のIT環境を壊してでもクラウドに移行しなければならないわけではないし、100%オンプレミスに頼りつづけると盲信していいわけでもない。

 必要なのは、自社のビジネスに最適なテクノロジーを選ぶことである。クラウドもオンプレミスも、単なる選択肢の一つだ。満足に稼働し、生産性を高く保ち、コスト効率がよく、セキュリティも堅牢なIT環境を作るためには、「ハイブリッドIT」という折衷案が最も正解に近いかもしれない。

 従来型のIT、プライベートクラウド、パブリッククラウドを適切に組み合わせ、必要に応じて最新のテクノロジーも組み込むハイブリッドITのシステムを構築するためには、必要不可欠な要因が幾つかある。本稿では、ハイブリッドITの構築と運用管理に必要な基礎知識を徹底解説する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日