2019年02月27日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

IT環境に付き物の課題を解決し、ハイブリッドIT移行を実現する「4つの指針」

オンプレミスの透明性と安全性、クラウドのアジリティと経済性を両立する手法として、パブリッククラウド型のオンプレミスという第3のアプローチが注目されている。「ITaaS」とも呼ばれる同環境に移行するための4つの指針を紹介する。

[ITmedia]

 ITリソースの消費には3つのアプローチがあるといわれる。そのうちの2つ、オンプレミスとパブリッククラウドは、既に一般化して広く利用されている。注目すべきは3つ目の選択肢となる、オンプレミスとクラウドの利点を融合したパブリッククラウド型オンプレミスだ。

 「IT as a Service」(ITaaS)とも呼ばれる、このアプローチは柔軟かつセキュアなIT消費を可能とするものの、導入には入念な準備が求められる。ビジネス目標を基に、最適なプラットフォームでのワークロード処理やセキュリティおよびガバナンスの確立、コスト管理などを綿密に計画する必要がある。

 そこで本コンテンツでは、このITaaS移行のベストプラクティスである4つの指針を紹介する。ビジネスニーズに基づくアプリケーションやワークロード、プラットフォームの最適な組み合わせや、オンデマンド対応可能な拡張性の実現方法などの指針は、優れたITaaSを実現する上で大いに参考になるだろう。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2019年6月30日