2019年03月20日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

数字でわかる IT運用モデル「従量課金制のオンプレミス」がもたらす経済効果

オンプレミスのIT環境をHPE GreenLake フレックスキャパシティに移行することで、どのくらいのコストを削減できるのか。ITインフラを移行する時のフレームワークと計算手法を基に、具体的な数字で解説する。

[ITmedia]

 オンプレミスのITインフラを所有するのでなく、消費型のサービスとして運用すると、どのくらいのコストが削減できるのか――。

 「HPE GreenLake フレックスキャパシティ」は、オンプレミスのITインフラを従量課金で利用できるサービスだ。本稿は、ITインフラを「HPE GreenLake フレックスキャパシティ」に移行したグローバル企業5社を対象とした、調査会社Forresterによる面接調査の結果を基に、潜在的な経済的影響を評価するためのフレームワークについて解説する。ITインフラのコスト、メリット、柔軟性、リスク要因について検討するときは、本稿で紹介するフレームワークと計算手法を役立ててほしい。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2019年6月30日