2019年04月17日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

社内のプロジェクトごとに最適なITインフラを選択するには

ITインフラは安定稼働さえしていれば問題ないという考え方は変化しつつある。デジタルトランスフォーメーションを目指す上で必要なのは、社内のプロジェクトごとに最適なITインフラを提供することだ。

[ITmedia]

 「ITインフラは安定稼働していれば問題ない」という価値観は、デジタルトランスフォーメーションを目指す環境下では変化しつつある。情報システム部門は、社内のさまざまな新規プロジェクトに合わせて、最適なITインフラを迅速に提供することが必要になった。それができなければ、プロジェクトが頓挫してしまったり、事業部門が勝手にクラウドサービスを利用するようになったりする恐れがある。

 本資料ではIDC Japanの調査結果を基に、事業戦略やIT活用ポリシーに合ったインフラを選択するためのポイントを解説する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2019年6月30日