2019年04月17日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

今こそオープンソースデータベースでTCO削減 移行に役立つ6つの指針とは?

ベンダー独自仕様のデータベースは、ベンダーロックインや柔軟性のなさといった課題を抱えていることがある。オープンソースに基づく最新データベースへの移行は、これらの課題を解消する選択肢の一つだ。

[ITmedia]

 ベンダー独自仕様のデータベースには、ベンダーロックイン、高額なライセンス料とサポート費用、柔軟性のなさといった課題があり、これらに頭を悩ませているユーザー企業は珍しくない。

 オープンソースに基づく最新データベースへの移行は、これらの課題を解消する選択肢の一つだ。この資料では、オープンソースデータベースへの移行と導入効果の予測、コスト試算に役立つ6つの指針について解説する。データベースの選定と、移行計画の策定に役立ててほしい。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2019年6月30日