2019年05月08日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

クラウド移行できないシステムでも、クラウドに近い環境を構築する方法

オンプレミス環境をクラウドライクな従量課金制で利用できるサービスは、企業の課題をどう解決するのだろうか。

[ITmedia]

 企業システムの運用にクラウドを選択する理由として、大きな初期投資を回避できる点や、ビジネス成長に合わせて拡張できる点などが挙げられる。一方オンプレミス環境には、データやシステムを自社で管理できる安心感、運用保守サービスの選択肢の多さ、製品選定の自由度といったメリットがある。

 しかしオンプレミスシステムはハードウェアの寿命やビジネス成長を見込んだ初期投資を考慮する必要がある。クラウドを利用する場合も、運用中にネットワーク遅延やセキュリティなど、さまざまな懸念事項を検討し続けなければならない。

 これらの課題を解決する、新しい選択肢として、オンプレミスに設置したITインフラを、クラウドのように従量課金で利用できるサービスがある。オンプレミス環境とクラウドの「いいとこどり」をしたサービスが、企業の課題をどう解決するかについて詳しく説明する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2019年6月30日