2020年11月18日 10時00分 公開
PR

組織のネットワークを食う「Windows Update」が“大ごと”ではなくなる方法悩ましいWindows 10の更新問題に終止符を

Windows as a Serviceのコンセプトの下に生まれたWindows 10は、定期配信のアップデートプログラムによって常に最新の状態を保つ。ユーザーにとって利点となり得るが、システム管理部門にとっては頭を悩ませる新たな課題にもなった。

[ITmedia]

 それはいつも「何も今このときに……」というタイミングで始まる。「Windows 10」のアップデートプログラムだ。始まったら最後、アップデートが完了するまで待ち続けることになる。

 困るのはユーザー部門(利用者)だけではない。全従業員のWindows PCが一斉にアップデートプログラムをダウンロードし始めるとオフィスのネットワーク帯域が逼迫(ひっぱく)する恐れもある。それによって業務システムへの接続に影響が出たとなれば業務の生産性を損なうことにもなる。

 このWindows 10のアップデート問題に対して「何とかならないのか」と頭を抱えるシステム管理者に解決策をもたらそうと、「Windows Update」に特化したエッジコンピューティングデバイスが登場した。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.