2020年10月29日 10時00分 公開
PR

コンテナの利点を最大化する、Kubernetesワークロードのデータ保護強化術デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

アプリケーション開発と運用に俊敏性や生産性の向上をもたらすコンテナだが、このような最新技術を活用する際に付きまとうのが、データロスやデータ追跡への懸念だ。Kubernetesに特化したデータ保護ソリューションでこれを解消できるのか。

[ITmedia]

 アプリケーション開発/運用の現場で急速に導入が進んでいるのが、コンテナ技術とそのオーケストレーションツールであるKubernetesだ。コンテナ化により、個別のマイクロサービスに分割した、アジャイルなアプリケーション開発が容易にできるため、生産性や俊敏性の向上が期待できる。その一方で、こうした新しいクラウドネイティブ技術を採用する上で、データロスとデータの追跡機能に関する懸念はいまだ尽きない。

 そこで注目したいのが、仮想マシン、アプリケーション、Kubernetesに対応したデータ保護ソリューションだ。VMwareと共同開発された同ソリューションは、単一プラットフォームで提供されるためITプロジェクトのサイロ化を防ぎながら、ポリシーベースのエンジンと組み込みの変更コピー(レプリケーション)により、エンタープライズレベルの保護を実現する。

 また、同ベンダーが提供するバックアップ専用ストレージと連携することで、重複排除機能を備え、優れた効率性や拡張性を享受できる点も魅力だ。本資料では、Kubernetesワークロードのデータ保護を低コストかつ容易に実現する同ソリューションの特長や機能について、詳しく紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.