2020年11月04日 10時00分 公開
PR

テレワークの快適性と働き方を可視化する「新たな仕組み」とはウィズコロナ時代、生産性をどう守るか

テレワークが定着化しつつある今、その快適性・安定性は企業の生産性や競争力に直結する。従来よりもきめ細かく従業員のIT環境を管理し、より良い働き方を追求するためには何が必要なのか。

[TechTargetジャパン]

 コロナ禍を受けて企業にテレワークが浸透した。だが、円滑に実施するにはデスクトップ環境を「快適」に使えることが前提でありながら、現実にはレスポンスの遅延など、問題が起きているケースが多いのではないだろうか。

 そこであらためて重要となるのが、デスクトップ環境の快適性、安定性を保証する「仕組み」だ。従来のアプリケーションパフォーマンスマネジメント(APM)製品でもユーザーエクスペリエンス(UX)は監視できる。だが、テレワークが全社的な業務環境と化しつつあり、その快適性次第で企業の生産性が左右される状況になっている今、よりきめ細かくユーザーに寄り添うアプローチが求められている。

 テレワークが浸透した今こそ必要なデスクトップ環境の監視、分析の仕組みとはどのようなものなのか。プロフェッショナルに聞いた。


提供:Lakeside Software株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.