2020年11月04日 10時00分 公開
PR

社内のデータ分析担当者を「AI人材」にする支援ツールとはデータは集めた、それからどうする?

企業が保有するデータは、新たなビジネスを生み出す資産だ。しかし、大量のデータを処理する作業に追われて肝心の分析がおろそかになっていないだろうか。データサイエンティストのいない企業で、AIによるデータ分析を実現する方法とは。

[ITmedia]

 IoT(Internet of Things)機器やデータ収集ツールによるビジネスデータの蓄積が進むほど、「集めたデータをどのように活用するか」が課題となる。

 そのような中で、データ分析AI(人工知能)は集めた既存の情報資産から新しいビジネスのヒントを見つけ出すツールとして大きな期待を集めた。しかし「データの中に宝がある」と信じて分析しても、思うような成果を挙げられない例がある。担当者がデータ処理作業で手いっぱいになり、十分な分析ができていないような場合だ。

 専門のデータサイエンティストがいない一般企業でも、AIによるデータ分析を可能にする方法はあるのだろうか。


提供:SCSK株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.