2020年11月24日 10時00分 公開
PR

テレワークの課題解決に効く「脱固定電話のすすめ」クラウドを活用した新しい電話の形

テレワークの全社導入が進む企業で、これまで見過ごされてきた課題が顕在化してきた。それは「押印」「代表電話の応対」など、出社しなければならないアナログな業務をどうするかという課題だ。解決方法は何か。

[TechTargetジャパン]

 「テレワーク」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で「業務で使うかどうか」にかかわらず広く認知されるようになった。テレワークという言葉自体はCOVID-19拡大前からあったが、「一部の従業員だけが対象になる特別な仕組み」という印象が強かった。現在のテレワークは「全従業員が対象となる新しい働き方の仕組み」として導入する動きが進んでおり、以前とは利用者数が大きく異なっている。

 この違いは、これまで見過ごされがちだった課題を顕在化させた。テレワークを全社導入する上で、事前に解決しておかなければならない課題の一つが、押印や郵便物の整理といった「出社しなければならないアナログな業務」をどうするのかという課題だ。

 本稿ではそうしたアナログ業務の中でも特に「電話の対応」に注目する。

 電話の代表的な課題に「取り次ぎ」がある。オフィスで働くのが当たり前だったときは「電話は誰か手の空いている人が取り、部署単位で対応する」という運用で大きな問題はなかった。だが、テレワークが当たり前になればそうもいかない。一定期間であれば「電話を取るために誰かが出社する」「誰か代表者に電話を転送する」といった運用も可能だが、長期間となると一部の従業員に負担が集中してしまう。

 電話に関するこうした課題に対して「固定電話をなくす」というアプローチで解決を試みる企業がある。どういった方法なのか、次ページで詳しく紹介する。


提供:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.