2020年11月13日 10時00分 公開
PR

低コストでハイブリッドも容易に実現できる“コスパに優れたHCI”の実力とは?JBCC株式会社提供Webキャスト

クラウドと親和性の高い製品の登場により、HCIの利用環境はさらに広がっている。中でも注目されるのが、CPU負荷の軽減やライセンス費用削減など多くのメリットを持つ、“コスパに優れたHCI”だ。

[ITmedia]

 仮想サーバ、SANスイッチ、共有ストレージという従来の3層アーキテクチャを統合したハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、その市場が毎年2桁成長を続けるほどに採用が拡大している。主流であったVDI基盤としての用途だけでなく、メインストリームインフラとしての導入も増加傾向にある。

 このHCIの中でも、注目されるのがハイブリッドクラウドと親和性の高い製品だ。Microsoft Azure、Amazon Web Services、Google Cloud Platformなど主要サービスは、クラウドの運用モデルをオンプレミスに延長するサービスに注力しており、それに対応したHCI製品が登場している。

 本コンテンツでは、中でもAzureに特化した新たなHCI製品について紹介している。CPU負荷を軽減するRDMAなど最新テクノロジーを採用している他、仮想マシンやハイパーバイザー、SDSのライセンス費用を削減できるメリットがあり、パフォーマンスと経済性の両立に成功しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.