2020年11月19日 10時00分 公開
PR

「ソフトウェア型PBX」でコスト削減とテレワークを実現する方法オンプレミスでもクラウドでも構築可能

内線や外線の利用に欠かせないPBX(電話交換機)。導入や運用のコストを抑制するとともに、テレワークにいかに対処するかも重要な課題になっている。どのような方法を検討すればよいのか。

[ITmedia]

 ビジネスのコミュニケーション手段としてメールやチャットへの依存度が高まる一方、迅速に情報を伝達したり、微妙なニュアンスを伝えたりする手段として電話が重要なことに変わりはない。

 企業が固定電話で外線や内線を利用する際に必要になるPBX(電話交換機)は、通常は各拠点に交換機や電話機、ケーブルなどを設置するため導入や運用に多大なコストや手間を要する。1000回線を収容する大規模なPBXともなればなおさらだ。新規導入の場合もリプレースの場合も、交換機を設置するタイプのPBXでコストと手間を減らすのは簡単ではない。

 テレワークの動きが広がったことで在宅勤務でもオフィス勤務と同じように固定電話を利用したいというニーズが高まり、この課題にどう対処するかも重要だ。従来のPBXの機能を維持しつつ、コストを削減してテレワークのニーズにも応える方法とは。


提供:CCアーキテクト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.