2020年11月25日 10時00分 公開
PR

従来型ゲートウェイ・VPNの限界 クラウドとテレワーク時代のセキュリティとはキーワードは「SASE」

クラウドやモバイルデバイスの普及により、テレワークなど新たな働き方が浸透する中、従業員の働く場所は社内外に広がっている。そうした状況におけるセキュリティリスクとはどのようなもので、どう対処すべきなのか。

[ITmedia]

 企業が推進する働き方改革やテレワークの取り組みにより、業務においてクラウドやモバイルデバイスが重要な役割を担うようになった。2020年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止に向けた取り組みの影響でこの流れは加速しており、今後も継続する見通しだ。

 クラウドやモバイルデバイスの普及は、従業員が自宅やカフェ、出張先のホテルといったオフィス外で業務をする機会を生み出す。だがオフィス外からクラウドを利用することは、セキュリティの課題を生むことにもつながる。加えて、社内の業務システムへのアクセスを「VPN」(仮想プライベートネットワーク)で実現しようとするとゲートウェイに大きな負荷がかかり、パフォーマンスが低下する恐れもある。

 安全性と効率性を両立させたテレワーク環境を実現するためには、新しいセキュリティ対策とリモートアクセス環境が必要になる。それらを同時に実現するために有効なのが、セキュリティとネットワークの機能を集約した「SASE」(Secure Access Service Edge)と呼ばれるセキュリティモデルだ。具体的にどう有効なのかを解説しよう。


提供:株式会社日立ソリューションズ
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.