2020年12月02日 10時00分 公開
PR

ADユーザー必見、PC認証セキュリティと利便性の向上をまとめて実現する方法テレワーク中のPCをどう守るか

テレワークをはじめとした新しい働き方が広まる中、PC認証のセキュリティ強化を検討する企業も少なくない。生体認証や二要素認証の活用を模索する一方、情報システム部門の運用負荷、従業員の利便性を損なわない手法が求められる。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大を経て、「新しい働き方」を模索する動きが広がっている。その中心となるのが在宅勤務などのテレワークだ。これまで一部の従業員のみが実施していたテレワークを、全従業員に拡大する企業も少なくない。就労環境が社内から社外へと広がるに当たって懸念されるのが、セキュリティの問題だ。特にその基本となるPCの認証をどうするかは悩ましい問題だ。

 一般的なパスワード単体での認証ではなく、二要素認証や生体認証を活用してセキュリティを強化したいと考える企業はあるものの、情報システム部門の運用負荷増加や利用者の利便性が課題になる。これらの問題を解決する、今後のPC認証のあるべき姿を考える。


提供:株式会社ヒューマンテクノロジーズ
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.