2020年12月07日 10時00分 公開
PR

自社にぴったりのクラウドとは? 目的と用途に応じた選び方と活用のポイントデータドリブンビジネスを加速させる

クラウドによる「データ活用」が企業の合言葉になりつつある。一方でクラウドに関する知見や経験不足で導入に踏み切れない、運用に必要な人材を確保できないといった悩みも尽きない。目的に合ったクラウドの選び方と活用のコツを紹介する。

[ITmedia]

 市場や顧客ニーズが目まぐるしく変化する中、多様なデータを活用して事業を推進する「データドリブンビジネス」が浸透しつつある。それに伴い、AI(人工知能)やBI(ビジネスインテリジェンス)といったデータ活用技術が求められるようになった。

 そうした状況で企業が目を向けているのがクラウドだ。クラウドには、ビジネスの変化に応じて利用するサービスや規模を変更でき、自社で資産を持たないためITインフラの運用負荷を低減できるというメリットがある。

 そこであらためて検討したいのが「どのようなクラウドがよいのか」ということだ。「クラウドは簡単」と考えるのは早計と言える。やりたいことは実現できるのか。スケジュール通りにプロジェクトを進められるのか。どうすればシステム内製に必要な力を付けることができるのか。こうした疑問に対する答えを探りながら、クラウド選びと開発強化のポイントを解説しよう。


提供:株式会社ベーシック
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.