2020年12月04日 10時00分 公開
PR

プライベートクラウドでの分析やAI活用を簡素化、データ基盤の新アプローチとはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

ワークロードの分離とマルチテナンシーを可能にし、プライベートクラウドにおけるデータ分析やAI/機械学習の活用を簡素化するとして注目される次世代データ基盤。そのメリットの全貌とともに、導入のポイントを分かりやすく解説する。

[ITmedia]

 商用Apache Hadoopディストリビューションをベースに、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境にわたってセルフサービス分析機能を提供する定番プラットフォームと言えば、Cloudera Data Platform(CDP)がある。そのプライベートクラウド版は、ワークロードの分離とマルチテナンシーを可能にすることで、データ分析やAI/機械学習イニシアチブへの取り組みをシンプルにする。

 そのメリットを最大化するために、移行・アップグレードのベストプラクティスを把握しておきたい。特に導入においては、コンピューティングエクスペリエンスクラスタ、データレイククラスタの2つの側面があり、必要なインフラと推奨事項がある点にも注意したい。

 本資料は、この移行・アップグレードをサポートするガイドブックだ。ベストプラクティスに沿うことでCDP Private Cloudのメリットを高め、データ集約型アプリケーションから迅速にインサイトを得るとともに、サービスの拡張性を向上させることが可能になる。インフラ構成にはCDP固有の要件もあるので、本資料を参考に検討を進めるとよいだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.