2020年12月04日 10時00分 公開
PR

セルフサービス分析をオンプレ/クラウド全域で実現、次世代データ基盤の導入法デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データから価値を引き出し、競争力を高める上で、ハイブリッド/マルチクラウド環境全体にわたるセルフサービス分析機能を備えることは重要だ。そこで注目される定番データプラットフォームについて、移行の鍵となるポイントを解説する。

[ITmedia]

 近年、イノベーションで世界をリードしている企業は、データから価値を引き出し、競争力を高めている。その中でも、データ時代において極めて価値の高い革新的なビジネスユースケースとしては、IoTによる予知保全やリアルタイムのコンプライアンス監視、ゲノミクス研究などが挙げられる。

 しかし、これらを実現するためには、複数の分析ワークロードやデータサイエンスツール、機械学習アルゴリズムを同一の多様なデータセットに対して実行できる環境が求められる。多くの企業がこの点において、まだ多くの課題を抱えており、データの可視化やインサイトの獲得が十分になされていないのが実情だ。

 そこで脚光を浴びているのが、ハイブリッド/マルチクラウド環境全体に強力なセルフサービス分析機能をもたらし、精緻なセキュリティとガバナンスポリシーを提供するデータプラットフォームである「Cloudera Data Platform Private Cloud(CDP Private Cloud)」だ。本資料では、その特長を解説するとともに、同製品への移行において押さえておきたいインフラストラクチャ関連の高度なガイダンスと推奨事項を紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.