2020年12月22日 10時00分 公開
PR

ニューノーマル時代に適した「快適、安全なテレワークインフラ」の最適解とはテレワーク先行企業から学ぶ

コロナ禍を機に、全社的にテレワークへとかじを切った組織がある一方で、いまだに暫定的な対応でその場をしのいでいる企業もある。既にニューノーマルの時代が到来している中で、一刻も早く時代に即した働き方へのシフトが必要だ。

[ITmedia]

 誰もが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の年内収束を願ったが、それどころか第二波よりも激しい勢いで第三波が訪れようとしている。今後、さらなる環境変化が起こり得る中で、先行きの見えない時代を生き抜くための準備を進めていかなければならない。

 ウィズコロナ時代を見据え、テレワークなどのワークスタイルへのシフトは急務だが、エンドポイント端末の管理やセキュリティ対策、安定したネットワークの構築など見直すべきことは山のようにある。もちろん、従業員の生産性が低下することがあってはならない。

 今もなお、緊急事態宣言発令当時の暫定的な体制を継続する企業も見られるが、第三波が訪れようとしている中で、本当に今の環境で乗り切れるだろうか。これから本格的にテレワークにシフトしたいが「何から手を付けてよいか分からない」と悩む企業は、本稿を参考にしてほしい。


提供:リコージャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.