2021年03月29日 10時00分 公開
PR

データを価値に変える重要要素「ロケーションインテリジェンス」とは何か一つ上の「データ活用」へ

空間情報と企業内のデータを結び付けることでさまざまな洞察を引き出す「ロケーションインテリジェンス」。これをどのように活用すればいいのだろうか。

[ITmedia]

 今日の企業にとってデータは「ヒト」「モノ」「カネ」と並ぶ重要な経営資源と位置付けられる。企業内にあるさまざまなデータを有効に活用できるかどうかが、ビジネスの競争力を左右すると言っても過言ではないだろう。

 故に、「Data Integrity」(データ完全性)つまり正確で高品質なデータの需要も高まっている。Data Integrityを実現する重要な要素は

  • Integrate(統合)
  • Verify(実証)
  • Locate(位置情報)
  • Enrich(強化)

の4つ。このうち3つ目に関連する「ロケーションインテリジェンス」は、今日のデータ活用において注目すべき技術の一つだ。実は、企業が保有するデータ全体の70%はなんらかの位置情報を含んでいるといわれている。住所などの位置情報を含むデータと企業内のその他さまざまなデータを関連付けることで営業成果を最大化したり、業務効率を向上させたりと、ロケーションインテリジェンスにはさまざまな用途が期待されており、今後その重要性は高まるだろう。

 これを活用すると、どうビジネスの成果に結び付けることができるのか、次のページで紹介する。


提供:Precisely(シンクソート・ジャパン株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.