2021年01月20日 10時00分 公開
PR

「期待した効果が出ない」「導入が進まない」 RPAの悩みを解消する方法成功した企業とそうでない企業の違いは

RPAを導入したものの、思ったような効果が出ないことに悩む企業は少なくない。RPAで業務の負荷を削減し、その効果を全社に波及させるにはどうすればよいのか。コニカミノルタジャパンの事例を基に説明する。

[ITmedia]

 RPA(ロボティクスプロセスオートメーション)は、業務効率化を実現する方法の一つとして認知が広がりつつある。成功事例がある一方で、「導入したものの期待したほどの効果が出なかった」「使いこなせていない」といったユーザー企業も一定数存在するのが実態だ。こうした声を聞いた結果、導入をためらう企業もある。

 企業がRPAを使いこなすには、業務プロセスの洗い出しやロボットに任せるべきプロセスの特定など、導入の段階で考慮しておくべきポイントがある。RPAを活用して業務効率化を実現するために、どのような導入プロセスや運用が求められるのか。RPAを有効活用することで業務効率を大幅に向上させている事例を基に紹介する。


提供:コニカミノルタジャパン株式会社、デル・テクノロジーズ株式会社、SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.