2021年01月15日 10時00分 公開
PR

テレワークの生産性も向上、申請・承認業務の電子化を成功させるポイントとは株式会社日本HP、株式会社大塚商会提供ホワイトペーパー

テレワークの普及によって、社内文書の電子化が推進される昨今。電子化そのものだけでなく、電子化した文書の効率的かつ安全な管理体制の構築が課題となっている。その解決に有効な、統合型グループウェアの活用方法を紹介する。

[ITmedia]

 テレワーク中の課題としてたびたび取り上げられる、紙ベースの申請・承認業務の電子化。これはテレワーク中に限ったものではなく、出社時においても「承認者が不在でハンコがもらえない」「決裁処理の進行状況が確認できない」「承認印をもらうために上司の席を回るのが大変」などの不満を解消するためにも、早急に解決すべき課題の1つだ。

 そこで有効なのが、本資料で紹介する統合型グループウェアの活用だ。承認状況を可視化し一覧で表示するため、決裁処理の滞留を防止するほか、多彩な決裁機能で意思決定を効率化することもできる。また、外出先から内容を確認し承認することもできるため、自宅からでも必要な申請を回すことが可能だ。

 さらに、ファイルサーバでの文書管理で発生する「フォルダが多くて必要なファイルが見つからない」「アクセスできる文書を制限したい」などの課題や要望に対応できるのも特長だ。本資料では、同製品の機能の詳細をコンパクトに解説するとともに、文書の電子化に伴う情報漏えいリスクを回避する、安全性に優れたビジネスPCについても触れている。自社での生産性向上に向けた業務の見直しに、ぜひ生かしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.