2021年01月15日 10時00分 公開
PR

高まるサイバーレジリエンス戦略の重要性、“攻撃を受けた場合”に備えるには?デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト

データ主導型ビジネスへの転換が進んでいる現代。サイバー攻撃を受けた場合に組織はデータを迅速に回復させる必要がある。ビジネスの継続性を高めるためには、万一の事態に備えたサイバーレジリエンス戦略を構築したい。

[ITmedia]

 世界中のあらゆる業種で、データ主導型ビジネスへの転換が進んでいる現代。データを利用した攻撃を行うサイバー犯罪者にとって、データ主導型の組織は格好のターゲットとなっている。実際、グローバルエグゼクティブの79%が、2020年におけるリスク管理の最優先事項の1つとしてサイバー攻撃を挙げているという調査結果もある。

 そのため組織にとっては、サイバー攻撃そのものを防ぐための取り組みはもちろん、“攻撃を受けてしまった場合”を想定した備えも重要となる。攻撃の影響を最小化し、元の状態へと迅速に回復させるためには、「サイバーレジリエンス戦略」を持つことが欠かせない。

 本Webキャストでは、万一サイバー攻撃を受けた際にも重要なデータとシステムを迅速に回復できるソリューションをコンパクトに紹介する。ビジネスの継続性を高める方法を模索する企業にとって、サイバーレジリエンス戦略を構築するための有力なソリューションの1つとなるはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.