2021年01月18日 10時00分 公開
PR

ペーパーレス化だけでは不十分、テレワーク時代に求められる文書管理の要件とは株式会社日本HP、株式会社大塚商会提供ホワイトペーパー

テレワークの普及により見直しが加速している業務の1つに「文書管理」がある。しかし、紙書類からの脱却だけでは、効率的かつ安全な仕組みを作ることは難しい。運用の不安やストレスをなくし、セキュリティを高めるには、何が必要だろうか。

[ITmedia]

 効率性や安全性が常に求められる社内文書の管理。しかし、紙ベースでの管理を行っていることで、「誰でも簡単に持ち出せてしまう」「必要な文書がなかなか見つからない」などの課題を抱えている企業も多いのではないだろうか。テレワークが普及した昨今は、紙からの脱却が進んでいるものの、効率的かつ安全な文書管理という面ではまだまだ課題も多く、管理体制の見直しが急務となっている。

 そこで注目したいのが、幅広いドキュメントを安全に保管・共有できる文書管理システムだ。中でも、複数ファイルをひとまとめにする“バインダー感覚”の管理を実現したり、機密度に応じたアクセス管理で情報漏えい対策を強化できたり、また高度な検索機能を備えていたりと、システム運用の不安やストレスを一掃できるソリューションへの期待が高まっている。

 本資料では、この文書管理ソリューションの機能を詳しく紹介する。文書属性にひもづく体系的な文書の蓄積や、きめ細かなアクセス管理、検索性の高さのほかにも、国税関係書類のタイムスタンプや文書の有効期限管理といった多彩な機能を備えた同ソリューションの導入効果を、ぜひ確認してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.