2021年01月21日 10時00分 公開
PR

大手自動車メーカーが加速させる工場のスマート化、「現地現物」の先にあるもの工場ネットワーク

新型コロナは製造業の業務プロセスも大きく変化させつつある。その一つが「工場のスマート化」の加速だ。従来の工場は「現地現物」が前提として定着していたが、その様相は大きく変化しつつある。リモート化を前提とした工場の変化を追う。

[ITmedia]

 ニーズの多様化や製品の複雑化、グローバル化や人手不足など、モノづくりを取り巻く環境は大きな変化を迎えている。これらの変化を際立たせたのが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大だ。各国が実施したロックダウンなどの行動制限の影響により、人やモノの移動が制限された。特に「現地現物」を前提とする工場では、生産の停止や遅延などが起き、さらに今後も変化に振り回されかねない状況だ。これらを受け、大手自動車メーカーを含む主要企業が取り組みを加速させているのが工場のスマート化だ。


提供:シスコシステムズ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.