2021年01月19日 10時00分 公開
PR

2025年までにデータ量が90ゼタバイトへ、IoT時代のエッジ環境はどうあるべき?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データセンターやクラウド以外のいわゆる“エッジ”で生成されるデータが急増するのに伴い、そこからのインサイト獲得が困難になりつつある。立地や動作環境、空間など多くの制約がある中、最適なエッジ環境を構築するにはどうすべきか。

[ITmedia]

 データセンターやクラウド以外のデータ生成が急増している。いわゆるエッジだ。エッジに置かれるアプリケーションは2024年までに800%も増加し、2025年にはIoTが生成するデータ量が90ゼタバイトに達すると見込まれる。この環境においてデータから競争力あるインサイトを引き出すには、データセンター、クラウドからエッジまでを一貫して運用する必要がある。

 ただ、エッジ環境はまだ新しいものであり、さまざまな課題も存在する。帯域幅とネットワーク接続が制限される「立地」、屋外のような厳しい「動作環境」、スペースの乏しい「空間」への収納、電力や冷却条件に難のある「電源」環境、オフィスから離れた場所での「運用」など、検討すべき事項は多い。

 エッジコンピューティングでは、エッジ向けの製品を的確に活用し、これらの制約を乗り越える必要がある。そこで本資料では、エッジの価値をあらためて提示するとともに、エッジ環境を構築するためのソリューションを紹介している。耐久性やセキュリティに優れたサーバ、エンクロージャー、管理ツールなどにより、コアからエッジまでの一貫したデータ管理体制を実現できるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.